湯たんぽのお湯は毎回変える

寒い冬でも暖かく眠れる湯たんぽを使っている人は多いです。

 


しかし、もったいないからといって中のお湯をずっと使いまわすのは止めましょう。
同じお湯を使い続けると湯たんぽに負荷がかかってしまい、すぐに穴が開いてしまうのです。
湯たんぽが余り長持ちしない、数年で駄目になってしまうという場合は湯たんぽのお湯を毎回変えましょう。

サインバルタは薬局で入手できますか?
特に金属製の湯たんぽは中が急激に錆びてしまうので、早ければ一年で穴が開いてしまいます。
湯たんぽを長く使っていくためには、もったいないとは思わずに使ったお湯を捨てましょう。
そうすればかなり湯たんぽの寿命がのびていきます。
築年数の経過したアパート住まいで、浴室と脱衣所に換気扇がありません。今まで洗い場にシャンプーやリンスなどを置く、ステンレスの棚を設置していましたが、換気扇がないため水垢の汚れはもちろん、カビもよく生えてしまい、お掃除が大変でした。そこで、自宅でも銭湯方式という名のもとで、シャンプーやリンスはカゴに入れてお風呂へ持ち込み、出る時は脱衣所から出す、という生活に変えてみました。すると、浴室のお掃除が大変楽になり、今までイライラしていた気持ちがどこかへ消えて行きました。発想の転換の大切さを学びました。当然と思っていることも、実は見直すと、逆に生活が快適になること、他にもあるかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


カテゴリー
お気に入り